栃木市で全く痛くないやさしい施術が評判の整体院

調和整体院 空~くう~


めまいについて

めまいとは、「ふわふわする」「身体がぐるぐる回る感じがする」「自分以外が回っている」など人によって感じ方はさまざまですが、身体のバランスがうまく保てない状態を言います。めまいを訴えている人の数は、厚生省によると、全国で約240万人ほどいるそうです。
631774c884575133dd6397e8373ccedd_m.jpg

医学的にめまいを引き起こす原因としてあげられるのが、身体のバランスを取るのに重要な器官である脳幹、視床、大脳皮質、三半規管、耳石器、前庭神経などがあり、このどこかが正常に働かなくなることで引き起こされていると考えられています。

めまいを大まかに分けると耳が原因で起こるめまいと、脳が原因で起こるめまいがあります。また、回転性(天井や周りがぐるぐる回る)、非回転性(ふわふわ浮く感じ)に区別することができます。それらはどんなものか見ていきましょう。

耳が原因で起こるめまい

pixta_6903539_S.jpg
1.メニエール病

回転性のめまいや頭痛、難聴、耳鳴、吐き気などたくさんの症状が出ることがあります。人によって、それぞれの症状の出方が違うので最初に症状が出た段階でメニエールと判断するのはなかなか難しいようです。一般的なメニエールの初期の症状として、いきなりグルグルと回る回転性のめまいが起こり、それと同時に吐き気などを伴うと共に、耳がつまった感じがでます。それが30分~数時間続きます。しかし、めまいがおさまると同時にこれらの症状も消えます。

<原因>

30~50歳くらいの女性に多いく、やせていて几帳面な人に多いと言われています。最近では男性でも増えているようです。ストレスや疲れが蓄積することが原因と言われていますがはっきりとした原因はわかっていません。ただ、ひとつはっきりしていることがあります。

それは「内リンパ液」が増えて外リンパ液と混ざることにより起きるものです。これを「内リンパ水腫」といいます。内耳には、側頭骨の中にある膜迷路と骨迷路と呼ばれているところがあり、その中はリンパ液で満たされています。そしてそれが内リンパと外リンパに分かれています。

それぞれ成分の違うリンパ液がつまっていてるわけですが、何らかの原因で内リンパ液がたまってしまい、内耳を区外リンパ液のほうへ漏れ出してしまいその結果平衡感覚が乱れてしまうのです。このようなことが原因でめまいが起き、また聴覚も影響を受けるため、音も聞きづらくなってしまいます

2.前庭神経炎

前庭とは三半規管と共に身体の平衡感覚を調整する器官です。なのでここに炎症が起こると回転性の激しいめまいが起き、吐き気も伴うことが多くあります。しかし、このめまいが起こるのは1回だけで繰り返すことはありません。また、めまいが消えたあとも、数週間~数ヶ月間ふらつきが残る場合があります。

この前庭神経炎でメニエール病と異なるところは、耳鳴りや難聴の症状が出ないことです。
 
3.突発性難聴

突発性難聴は、いきなり耳鳴りやつまり感、めまいや吐き気を覚えるものです。原因がわからずにいきなり耳が聞こえずらくなる症状を総じて突発性難聴と呼びます。メニエール病と比較すると突発性難聴の場合は1度だけで症状は消えます。

脳が原因で起こるめまい

1.脳卒中
脳卒中によって血流障害が起きて出ることがある

2.椎骨脳底動脈循環不全
脳へ血液を送る血管が頚椎の中を通っています。これを椎骨動脈と言います。この椎骨動脈がなんらかの原因で圧迫されることで、脳へ供給される血液が滞り、めまいを引き起こすことがあります。

その他のめまい

●良性発作性頭位めまい症
ほとんどのめまいが、実はこの頭位性めまいと言われています。これは、頭の位置によりめまいが引き起こされるものです。語句の頭に「良性」とついていますので今すぐに身体に重大なことを引き起こしたりすることはまずありません。例えば、寝ていてそこから起き上がったり、体勢を変えたりしたときに起きる症状です。

特に体調不良の後だったり(風邪、寝不足など)、過去に頭を強打したり(交通事故、転倒)したことがあると症状が出る可能性があります。
この頭位めまい症は平衡感覚を司る三半規管が原因とされているので、耳鳴りや難聴などの症状は出ません。


 

調和整体院 空~くう~のご案内

住      所:
〒328-0075
栃木県栃木市箱森町41-26 エクセラーンスA205
アクセス:
栃木イオン店から徒歩1分、栃木警察署の向かい側、東武新栃木駅から徒歩20分
お問い合わせ・ご予約
0282-21-7506
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ